新規サービス開発支援
弊社では、新規サービス&プロダクトの開発を支援するためのSTAPPO(スタッポ)というサービスがあります。
アジャイルの特徴を活かしたMVP開発で最短2ヶ月でユーザー検証が可能なパッケージです。

新規サービス立ち上げに不可欠な2つの要素

①現状ビジネスの分析

現状の分析

3C分析・SWOT分析等を行い現状のビジネスを徹底的に分析します

解決策の模索

定義した課題に対する解決策を羅列しインパクトの大きいものを模索し、決定します

課題定義

分析を基にあらゆる仮設を立てビジネスの成長に対し重要な課題を定義します

②解決策を具現化したビジネスモデルの検証

1. 具現化

解決策のどこをITで補えるかアイデア出しを行い具現化方法を考えます

2. MVP製作

具現化方法に基づき最低限の機能を含んだプロダクトを製作します

3. ユーザー検証

製作したMVPで実際にユーザー検証を行い問題点・改善点を洗い出します

4. 改善・改良

検証で得たユーザーの声を基にプロダクトの改善・改良を行います

スピーディーにできる理由

デザインスプリント

イメージ イメージ
  • DAY 1

    理解

    問題を洗い出す

    どの課題を解決するか焦点を合わせる

  • DAY 2

    発散

    できるだけ多くアイデアをスケッチする

  • DAY 3

    決定

    最も良い解決策を選ぶ

    ストーリーボードを作成する

  • DAY 4

    試作

    本物そっくりのプロトタイプを作成する

  • DAY 5

    検証

    プロトタイプをターゲット顧客に使ってもらい反応をみる

ビジネス上の課題や新規アイデアを検証するための方法の1つで、5日間で課題やアイデアの仮説に対して答えを導くプロセスです。5日間という短期で高速で仮説検証が可能なので、フィードバックを元に修正が容易であり、デザインスプリントを繰り返すことで仮説の精度を高めていくことができます。
Googleで生まれ、FacebookやAirbnb、Blue Bottle Coffeeをはじめとするサンフランシスコの最先端企業から、国際機関、非営利組織、学校などでもすでに採用されており、大きな効果を上げています。

MORE

MVP開発

イメージ
イメージ

製品を全て作り上げてから検証・改善

イメージ
イメージ

実用最小限の製品で検証・改善を繰り返して完成に近づける

「最短」で「仮説検証」ができるMVP開発で実際に、ユーザーに使用してもらい、改善点など『お客様の声』を汲み取りながらの開発ができる。
本当にユーザーが求めているニーズに近づいた改善をしていくことが可能になり、アイデア・企画を強固なサービス・プロダクトにすることができます。

なぜSTAPPOなのか?

STAPPOが価値を提供できるお客様

サービスの流れイメージ

1ヶ月

2ヶ月

現状の分析

課題定義

解決策の模索

具現化

MVP作成

ユーザー検証

改善改良

現状ビジネスの分析

お客様からのヒアリングを元に弊社専門部隊がお客様のビジネスの課題を洗い出し、解決策をご提案します。
デザインスプリントを繰り返し行うため、お客様の納得していただける解決策を提示することが可能になります。

解決策を具現化したビジネスモデルの検証

ご納得頂いた解決策を、具体的にソリューションに落とし込んで行き、ベトナムのSupremeTech(シュプリームテック)と協力し、MVP製作に移ります。
開発会社ならではの知見を武器に、MVPに含める機能の洗い出しや製作過程を密な連携で、最短2ヶ月でユーザー検証を行います。
MVPのフィードバックを元に改善・開発を進め、ローンチ&その後の検証もサポートいたします。

カンタン資料請求

所要時間たったの30秒

資料請求

    他事業