小さなことを重ねることがとんでもないところに行く

Avatar

Director

こう

  • 物事を伝えるとき、意図も伝えるように意識する

    自分では言いたいことを伝えたと思っていても、想像していたものとは異なる受け取り方をされたり、内容が理解されていないこともあります。 なので、上手な伝え方ができるようになるためには、「自分が伝えたいことを、正確に相手に伝える」といつも心かけています。

  • 相手の立場で考える

    主張と根拠がきちんと立っていても、「相手が聞きたいこと」が抜けていれば、伝わらない可能性がとても高いです。 相手の立場で考えた「主張と根拠」によって、説得力のあるメッセージを組んでいます。

  • 相手の話を自分の言葉で言い換える

    聞き手が、理解した内容について「つまり、〇〇〇ということですね」などと言い換えや要約をしてあげると、捉え方に齟齬がないかを確認し合うことができます。 話し手も、質問によって正しく伝わっているかを確めることができます。

他の筆者を見る

  • Avatar

    取締役 / CDO(Chief Development Officer)

    HYKO

  • Avatar

    Marketing

    しおり

  • Avatar

    Associate Engineering Manager

    Take

  • Avatar

    開発拠点 SupremeTech Co., Ltd. 副社長

    上木さん