自社プロダクト パートナー開発 実績 会社概要 News Blog お問い合わせ 資料請求
自社プロダクト パートナー開発 実績 会社概要 News Blog お問い合わせ 資料請求

Partner Development

自社プロダクト開発のノウハウを持つアジャイルチームがお客様のアイデアを実現します。
AI活用、DX支援、サービス設計からお客様とワンチームでビジネスを支援します。

Enlytの対応領域

図

Planning

企画
アイデア

図

Definition

要件定義
設計

図

Design

UX設計
UIデザイン

図

MVP

ユーザー評価検証
フィジビリティスタディ

図

Development

開発
テスト

図

Enhancement

運用
改善

ソフトウェア開発では企画〜デザインスプリント、開発前のMVPを用いた検証から、
開発後の保守運用、DevOps体制の構築・グロースハックまで、
ワンストップでお客様の事業を支援します。
DX推進/AI開発にはお客様の既存のデータやリソースを活用して
新しいビジネスモデルの企画段階からお客様と一緒に課題仮説検証を実践します。

Our Roles

Enlytのアジャイル開発

One Team

お客様とワンチームでの開発

ただ開発を受けるだけではなく、クライアント様と弊社で共にチームを作り、ワンチームとして、サービスへの思い・目的を共有し一緒にプロダクト開発をしています。受発注の関係を超えた、人としての人間関係の構築を大切にしています。

Lean Product System

スピーディなビジネス展開に対応

新規ビジネスはスピードが勝負です。従来の「あらかじめ全工程にわたる計画を立て、それを実行する」という開発プロセスではなく、開発中に発生する様々な状況の変化に対応しながら開発を進めていくアジャイル開発のプロセスにより、ビジネスの速いスピード展開に対応できます。

Agile with QC

アジャイル開発における品質保証の実践

プロジェクトをスタートする段階でQuality Control(テスター)をアサインし、スプリント計画段階からエンジニアと同時にプロジェクト全体の理解とそれぞれの機能に対する分析&テストプランの作成からテストケース作成までモダンな開発と品質保証を行っています。

Agile

プロジェクトを成功に導く取組

イメージ

PMOによる
プロジェクトの第三者評価

PMOによる横断的なプロジェクト管理を実施しています。独自の評価基準を設け、各プロジェクトに属人化しない体制で、リスク管理・テクニカルサポート・リソースの最適化を第三者評価することで、全プロジェクトの安定に貢献しています。

イメージ

コミュニケーションにおける
工夫と円滑化

目に見えないソフトウェアプロダクトを作る上で、コミュニケーションは最も重要な要素です。弊社は全てのプロジェクトにコミュニケーション・仕様に特化したディレクターをアサインしています。見える化・共有を徹底し認識齟齬をなくすことで円滑なコミュニケーションを実現し、円滑な開発に寄与しています。

イメージ

R&Dチームによる
技術への追求と課題解決

豊富な開発経験や技術的な知見を持つテックリードで組成される研究開発チームが、新技術の検証・実践、技術的な課題の解決・改善を通して裏でお客様をサポートしています。

プロジェクトスタートまでの流れ

イメージ

詳細をヒアリング

セールスチーム(営業、ディレクター、プロジェクトマネージャー)が詳細をヒアリングさせていただき、お客様と一緒に機能要件を細かく詰めていきます。UIUXデザインやインフラ、開発後の保守についてもこちらでお打合わせします。すべて確認後、詳細な金額・開発期間・開発体制のお見積もりを提出いたします。

イメージ

ご契約

開発費用と期間が問題なければご契約の手続きをさせていただきます。基本はラボ形準委任契約となります。

イメージ

キックオフミーティング

担当ディレクターがアサインされ、プロジェクトにおける役割や開発計画、ゴールの共有、ツール類、会議方法などを決めるキックオフミーティングを行います。お客様とのワンチームで開発していきますので、お客様の積極的なご参加をお願いしています。

イメージ

プロジェクトスタート

お客様と競走するアジャイルチームによるプロジェクトスタートです。UXデザインから始める場合はユーザー調査などの準備から始めていきます。またPMOによるプロジェクトのチェックにより、安定した開発とデリバリー体制を持っています。もちろんアジャイルチームはお客様の要望にも柔軟に対応可能です。成長するサービスを作る為にワンチームでプロジェクトを進めていきます。

コミュニケーションフロー

Scroll Right & Down

イメージ

ESTIMの活用で最速見積

弊社が開発したAI自動見積ツール「ESTIM」を活用することで機能要件定義や見積にかかる時間を削減し、開発に着手するまでの時間を大幅にカットできます。

シュミレーション
イメージ