TOP

トップ

Service

事業紹介

動画配信パッケージ

LINEミニアプリ開発

Shopify開発

デザイン・開発まるっとパック

プロダクト/システム運用保守サービス

Lab型開発サービス

Works

実績

インタビュー

開発実績

Our Products

自社プロダクト

About

会社概要

Blog

ブログ

Recruit

採用情報

News

ニュース

FAQ

よくあるご質問

Contact

お問い合わせ

thumb image

CDP(Customer Data Platform)とは?意味とEコマースでの活用方法

みなさん、こんにちは。Enlyt CEOの久保です。

デジタルが私たちの日常に当たり前のように浸透している今、データはビジネスの中核を成しています。それはEコマースビジネスでも同様で、顧客行動の理解から商品推奨まで、データを効果的に活用することで、ビジネスの競争力を大きく向上させることができます。

しかし、さまざまなソースから得られる大量のデータを一元的に管理し、意味のある洞察に変換することは容易なことではありません。ここで重要となるのがCustomer Data Platform(CDP)の存在です。 この記事では、CDPがEコマースビジネスにどのように影響を与え、ビジネスの成果をどのように向上させるのか、具体的な活用方法を通じて詳しく解説します。

CDP(Customer Data Platform)とは?

CDPとは、Customer Data Platformの略語であり、日本語に直訳すると「顧客データ基盤」を意味します。つまり、顧客データを一元的に管理し、分析を通じて顧客理解を深めることを可能にするプラットフォームです。顧客の購入履歴、ブラウジング行動、デバイス使用情報、地理的位置など、さまざまなソースからのデータを統合します。

CDPとEコマースの関係性

ここからは、Eコマース企業に焦点をおき、実際にビジネス売上にどのような影響を与えるのものなのか。Eコマースの3つの主要な部分、「マーケティング」「販売」「カスタマーサービス」に焦点をおき見ていきましょう。

マーケティングへの影響

まず、マーケティングにおいては、CDPは一元化された顧客データを利用してターゲットを細分化し、パーソナライズされたマーケティングメッセージを作成します。たとえば、特定の顧客がどの種類の商品に興味を持っているか、または特定の商品カテゴリを何回ブラウズしたかなどの情報を元に、その顧客に合わせたメッセージを送ることが可能です。これにより、一般的なマーケティングメッセージよりも高い反応率とエンゲージメントを達成できます。

販売への影響

次に、販売においては、CDPは顧客の購入傾向や好みを理解し、これを基にパーソナライズされた商品推奨を提供します。これにより、Eコマースのサイトは個々の顧客に対して適切な商品を提示することができ、結果的にコンバージョン率の向上と売上の増加を実現できます。

カスタマーサービスへの影響

最後に、カスタマーサービスにおいては、CDPは全ての顧客との接触点での情報を一元化することにより、カスタマーサービスチームが顧客の問題をより迅速かつ効果的に解決する手助けをします。顧客からの前回の問い合わせや購入履歴、製品使用のパターン等、顧客との全ての接触点で得られた情報が一元化されることにより、よりパーソナライズされたサポート体験を提供できます。

これらの要素を合わせると、CDPはEコマースビジネスが顧客理解を深め、個々の顧客に対してパーソナライズされた体験を提供するための強力なツールとなります。CDPを活用することで、顧客との関係を強化し、最終的にはビジネスの成果を向上させることが可能となります。

CDPの具体的な導入事例

さて、CDPの活用は抽象的に聞こえるかもしれませんが、具体的な事例を通じて理解を深めていきましょう。

パーソナライズされたマーケティングキャンペーンの実行

アパレルメーカーの一部では、CDPを使用して顧客の購入履歴、クリック履歴、閲覧履歴などのデータを一元化し、これを基にパーソナライズされたメールマーケティングキャンペーンを実行しています。これにより、それぞれの顧客が興味を持つ可能性のある商品を紹介することで、購入率を向上させています。

オムニチャネル戦略の推進

CDPを用いることで、オンラインとオフラインの顧客データを一元管理することが可能となります。これにより、店舗での購入履歴も含めた全体像を把握し、それぞれの顧客に対して最適な接触点とメッセージを提供することができます。例えば、オンラインで商品を閲覧したが購入に至らなかった顧客に対しては、同商品を試す機会を提供するための店舗訪問を促すなどのアプローチが可能となります。 

在庫管理と需給予測

売り上げデータと顧客行動データを組み合わせることで、商品の需要予測をより精度高く行うことも可能にします。これにより、在庫を適切に管理し、過剰在庫や在庫切れを防ぐことができます。

製品開発とマーケティング戦略の策定

CDPは、消費者の嗜好やトレンドを把握し、新製品の開発やマーケティング戦略の策定に役立つ情報を提供します。消費者がどのような製品を求め、どの製品に対してどのような反応を示すかといった情報は、新製品開発、マーケティング戦略を策定する際に重要なインサイトとなります。 

ロイヤルティプログラムの強化

顧客の購入履歴や行動パターンを解析し、ロイヤルティプログラムの提供を最適化することも可能です。例えば、頻繁に特定の商品を購入する顧客に対しては、その商品に関連する特典を提供するといった方法が考えられます。これにより、顧客のロイヤルティを高め、長期的な顧客関係を期待することができます。

まとめ

CDPの重要性とその効果を詳細に掘り下げてきたところで、現代のEコマース企業にとってなくてはならないツールであることが明らかになりました。企業がより深い顧客理解を得るための鍵となり、その結果としてパーソナライズされたマーケティング戦略を展開し、顧客エンゲージメントとロイヤリティを向上させることが可能になります。

1. 顧客セグメンテーション:様々なソースからのデータを統合し、そのデータを分析して顧客を特定のグループやセグメントに分けることが可能です。これにより、企業はマーケティング戦略をより具体的な顧客セグメントに対して最適化することができます。

2. パーソナライゼーション:顧客の行動、嗜好、購買履歴などの詳細な情報を提供します。これにより、企業は個々の顧客に対してパーソナライズされたメッセージや商品推奨を提供することができます。

3. 顧客体験の改善:全ての顧客との接触点でのデータを一元管理します。これにより、企業は顧客との接触の全ての瞬間にわたって一貫した体験を提供することができます。

CDPを最大限に活用するためには、導入だけでなく、適切な運用と最適化が不可欠です。CDPが企業にとって真の価値をもたらすためには、その機能を理解し、ビジネス戦略に適切に組み込むことが重要です。

Enlytについて

式会社Enlytはベトナムに開発拠点SupremeTechを持ち、これまで50以上の開発プロジェクトを行ってきました。ベトナムと日本のグローバルなチームで、数多くのプロジェクトを成功に導いてきました。
Enlytのオフショア開発は、アジャイル・スクラム開発を採用しています。コミュニケーションの透明化を意識してそれぞれの役割で責任の範囲を明確化しています。クライアントも含めたワンチームとして、フラットな関係で開発を進めることができます。
お客様の納得のいくまで、共に開発させていただき、アイデアを最高のかたちにサービス化いたします。
オフショア開発についてのお悩みやご相談がございましたら、下記ボタンより気軽にお問合せください!

他の記事

View More

arrow-forward

テクノロジー

LINEの予約送信機能はあるのか?個人向け・法人向けで記載

#LINE #サービス

システム開発

仕様書とは?書き方や注意したい落とし穴を成功事例と合わせて解説

#コミュニケーション #サービス

テクノロジー

LINE APIで実現できることとは?使い方や活用事例を解説

#LINE #サービス