TOP

トップ

Service

事業紹介

動画配信パッケージ

LINEミニアプリ開発

Shopify開発

デザイン・開発まるっとパック

プロダクト/システム運用保守サービス

Lab型開発サービス

Works

実績

インタビュー

開発実績

Our Products

自社プロダクト

About

会社概要

Blog

ブログ

Recruit

採用情報

News

ニュース

FAQ

よくあるご質問

Contact

お問い合わせ

thumb image

LINEミニアプリで何ができる?各機能の利用シーンと得られる効果

みなさん、こんにちは。私はEnlytの技術担当者です。

近年の私たちを取り巻くIT環境は急激に変化しています。企業は「どの様なアプリケーションを提供するか」だけでなく、「どの様な形態で提供するか」も重要な要素になっています。

スマートフォンやタブレットなどモバイル向けのアプリケーションであれば、デバイスにインストールして使用するネイティブアプリが大半でしたが、最近ではLINEミニアプリの需要が高まっています。

このブログでは、「LINEミニアプリで出来ること」や「導入メリット」、「効果的に使うポイント」などを解説していきます。

LINEミニアプリとは?LINEミニアプリを導入するメリット

LINEミニアプリとは?

LINEミニアプリとは、LINEプラットフォーム上で動作するアプリケーションです。AndroidやiOSのネイティブアプリとは異なり、LINEを使用しているユーザーであればインストールをせずに利用を開始できることが魅力の1つになっています。

LINEミニアプリであっても、裏で動作しているのはWebアプリであるため、Webアプリと同様に自由なレイアウトのUIや様々な処理が可能であり、これに加えてLINEでのメッセージ送受信などLINE固有機能を使用できることがLINEミニアプリの特長です。

LINEミニアプリの説明図

企業がLINEミニアプリを導入するメリット

LINEミニアプリには一体どのようなメリットがあるのでしょうか。
導入される企業にとっては以下の様なメリットが考えられます。

集客効果

LINEは多くのユーザーが利用するプラットフォームであり、その中で企業独自のミニアプリを提供することで、新たな顧客を引き寄せやすくなります。既に多くのユーザーがLINEの利用経験があるため抵抗感が少なく、インストールも不要なためユーザーが自然な流れでアプリに触れやすい点が大きな魅力です。

販売促進

LINE公式アカウント単体でもセールやキャンペーンに合わせてユーザーに広告メッセージを配信することは出来ます。更にLINEミニアプリでは購買履歴をLINEミニアプリに連携することで特定の商品を購入したユーザーに新着商品をお知らせするなども可能です。LINEメッセージはメールと比較して開封率も高いため、大きな効果を期待できます。

OMO(Online Merges with Offline)

例えば、LINEミニアプリでポイントカードアプリを開発したとします。商品の購入時にレジでポイントカードアプリをスキャンすることで実店舗での行動とポイントカードアプリのユーザーを紐付け、統合的な管理が行えるようになります。

LINE固有機能の活用

LINEでメッセージを送受信したり、写真や位置情報をメッセージに含めたり、LINEプラットフォームとして提供されている機能を活用することで、LINEならではの機能をアプリに組み込むことができます。

LINE固有機能の活用としては2つのパターンが存在します。1つ目はLINEでのメッセージ通知などLINEミニアプリでしか実現できない機能を提供するパターンです。

2つ目は写真や位置情報の送信などLINEミニアプリ以外でも実現は出来るがLINEの機能を活用することで開発コストの削減を期待するパターンです。

詳細については次項で解説します。

LINEミニアプリでできること

LINEミニアプリから利用可能なLINE固有機能としては、以下の様なものがあります。ここでは、これらのLINE固有機能の活用方法について解説していきます。

  • LINEメッセージ通知
  • URLスキーム
  • LINE UIDの取得

LINEミニアプリの機能で得られる効果と利用シーン

予約完了や予約リマンドのメッセージ通知

LINEは日本人なら誰もが知るコミュニケーションアプリです。そのLINEプラットフォーム上で動作するLINEミニアプリなので、LINEが持つメッセージ機能を最大限に活用することでLINEミニアプリ固有の効果を得ることが出来ます。

送信できるメッセージにはテキストや画像、動画、カルーセル形式、ボタンなどを配置できるFlex Messageなど、様々な種類が提供されています。

LINEメッセージ通知の配信例
使用する機能:LINEメッセージ通知
効果:LINEメッセージは開封率も高いため、ユーザーへ確実に情報を届けられます。

 商品やメニューなどの情報をLINEトークルーム内で表示

メッセージにリンクURLを付けて外部サイトに誘導してしまうと、どうしてもユーザーの離脱が発生してしまいます。LINEトークルーム内で表示を完結させることでユーザーの離脱を防止することができます。

使用する機能:LINEメッセージ通知(LINE Flex Message)
効果:ユーザーの離脱を防止

画像ファイルや位置情報のアップロード

LINEプラットフォームではURLスキームを使用してユーザーから簡単に画像ファイルを受け取ることが可能です。

URLスキームとは、URLを開くためのアプリケーションの種類を指定する部分のことを指します。例えばWebブラウザを開いて、URLに「file:///Users/filepath/sample.txt」と入力するとWebブラウザを起動したPCの「/Users/filepath/」というフォルダにある「sample.txt」ファイルを表示することができます。

この「file://」にあたる部分がURLスキームです。

多くのアプリがURLスキームをサポートしており、LINEでは「カメラとカメラロールを開く」や「位置情報を送る」などがサポートされています。

URLスキームはLINEのトーク内でのみサポートされているため、リッチメニューやFlex Messageから使用する必要があります。LINEミニアプリから直接使用することは出来ないため、少し工夫が必要になります。

例えば、多くのアプリで実装されている「問い合わせ」や「サポート」の機能をURLスキームを活用して実現するとします。

ユーザーはまず、LINEミニアプリ内のメニューから「問い合わせ」を選択します。

使用する機能:URLスキーム
効果:開発コストの削減

メニューを選択すると、一旦 LINEミニアプリは閉じられトークルーム内でユーザーに問い合わせ内容を入力してもらいます。

問い合わせ内容を受信するとボタンにURLスキームを埋め込んだFlex Messageをユーザーに返却します。

ユーザーが「ファイルを添付」ボタンをクリックすると、カメラロールが起動されて問い合わせ内容に関連するスクリーンショットなどを選択できるようになります。

このような機能を1から開発すると問い合わせ入力フォームのUIやファイル転送のインタフェースを独自に実装する必要がありますが、LINEのトークルームやURLスキームの活用により、開発コストを削減することが可能です。

特定の商品を購入したユーザーに限定した広告メッセージを配信

LINEミニアプリでは、LINE UIDというユーザーの情報を用いてユーザーを一意に識別することが可能です。

LINEミニアプリ上で〇〇画面を開いたなど、ユーザーの行動とLINE UIDを紐付けて記録しておくことで、特定の行動を行ったユーザーに限定してメッセージを送信することが出来ます。

例えば、特定の商品を購入したユーザーに興味のありそうな広告メールを配信したり、品切れ商品の再入荷を通知したり、様々な用途に活用することができます。

また、LINEミニアプリではアプリを開いた時点でLINE UIDを取得することが出来ます。LINE UIDを取得できるということは、ユーザーを識別できているということになります。

通常のアプリでは、ユーザーが自身のIDやパスワードを入力することでユーザーを識別していますが、LINEミニアプリではLINEを起動した時点でユーザーの認証が完了しているため、LINEミニアプリとしてログイン機能を開発する必要はありません。

使用する機能:LIFF API
効果①:効果的なマーケティング
効果②:開発コストの削減

LINEミニアプリをより効果的に使うポイント

LINEミニアプリをより効果的に使うポイントについて解説していきます。

ユーザーの情報を収集・分析する

前述したとおりLINEミニアプリでは、「〇〇画面を開いた」や「〇〇ボタンを押した」などユーザーの行動とLINE UIDを紐づけて記録しておくことが出来ます。データを収集し、分析することでユーザーの行動や嗜好を理解し、よりターゲットに合わせたサービスやプロモーションを展開できます。

LINE公式アカウントとの連携

無料で利用が開始できるLINE公式アカウントの中でも、いろいろな機能が提供されています。メッセージ配信やステップ配信、自動応答メッセージ、クーポンやショップカードなど提供されている機能は多岐に渡ります。

LINE公式アカウントでは何が出来て、何が出来ないのか、何をLINEミニアプリとしてコストを掛けて開発する必要があるのかを正しく把握しておくことが重要です。

LINEミニアプリを導入する際の注意点

「LINEミニアプリは短期間・低コストで開発ができる」と考えられている方が多くいらっしゃいますが、実はこれはあまり正確ではありません。

ネイティブアプリでは、Android用とiOS用にそれぞれの開発とテストが必要になりますが、LINEミニアプリではLINEプラットフォーム上で動作するアプリケーションを1つ開発するのみであるため、開発対象は少なくなります。開発コストは下がりますが開発対象が2つから1になると言っても、開発コストが半減するわけではありません。

その他にもLINEミニアプリでは、ユーザーを識別するためのログイン機能の開発が不要になったり、メッセージの送信がLINEの機能で容易に行えたり、コスト低減につながるメリットもあります。

しかし、前述したとおり「裏で動作しているのはWebアプリ」であるため、上記以外の機能については一般的なWebアプリ開発作業と大差は無く、大幅に納期やコストをカットできるわけではありません。

前述のとおり、LINEミニアプリ開発=低コストなのではなく、開発コストを削減するために上手くLINEの固有機能を活用していく工夫が重要です。

まとめ

LINEミニアプリは、企業にとって革新的なビジネスチャンスを提供しています。顧客とのコミュニケーション強化、効率向上、効果的なマーケティングなど、多岐にわたるメリットがあります。

ただし、LINEミニアプリのメリットを最大限に発揮するには以下の事が重要になります。

  • LINEの機能をアプリ内で活用し、利便性の向上やコスト削減を図る。
  • どの様な情報を収集して、どの様に活用するかマーケティング戦略を設計する。

これらを適切・円滑に進めていくには、業務やサービスに深い知識をお持ちである導入企業とLINEやアプリ開発に知見と実績のある開発ベンダーが協力し合い、伴走していく事がとても重要です。

LINEミニアプリ開発をお手伝い

ここで、Enlytがお手伝いできるポイントを紹介します。

~専門知識~

当社はLINEのAPIを活用した開発において幅広い経験と専門知識を持っています。

LINEログインからのユーザーID連携、基盤システムとのユーザーID連携、カスタムLINEアンケート開発、Messaging APIを活用したパーソナライズメッセージなど、さまざまなプロジェクトで成功を収めてきました。僕たちの開発チームは、最新のLINEテクノロジーに精通しています。

~サポートとコンサルティング~

僕たちのサービスは単なる開発だけでなく、LINE運用の設計やデザインも含みます。最適なアプローチや戦略を共に検討し、ビジネス目標を達成するためのパートナーとしてお手伝いします。

~カスタムソリューションの提供~

僕たちは、クライアントのニーズに合わせたカスタムソリューションを提供します。特定の課題に対処するために、LINE APIを活用したアプリケーションやボットの開発、データ統合、ビジネスプロセスの効率化をサポートします。

~お問合せと協力の機会~

LINEミニアプリ開発、LINEの活用に関する質問やプロジェクトの相談について、いつでもお気軽にお問合せください。

▼LINEミニアプリに関する開発実績をご覧いただけます▼
大手小売チェーン店のポイント表示APIの制作
大手小売スーパーのLINEアプリ
大手飲料メーカーのLINEミニアプリ

バナー画像 バナー画像

他の記事

View More

arrow-forward

テクノロジー

LINEのセグメント配信とは?設定のやり方や事例を紹介!

#LINE #サービス

マネジメント

アジャイル開発におけるストーリーポイントとは?見積もりの方法やポイントを解説

#アジャイル開発 #チーム

テクノロジー

【簡単】LINEでの一斉送信のやり方と効率的な活用法

#LINE #サービス