自社プロダクト パートナー開発 実績 会社概要 News Blog 採用情報 お問い合わせ 資料請求
自社プロダクト パートナー開発 実績 会社概要 News Blog 採用情報 お問い合わせ 資料請求
thumb image

創設者メッセージ

テクノロジーの進化が急速な今の時代に生き残る為には、

チャレンジ精神 × 技術力 × 学習能力 × 実行能力

を掛け合わせた者が勝者だと信じています。

Enlyt(日本拠点)とSupremeTech(ベトナム拠点)を創設した理由は、昨今いわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)が重要なキーワードになっていますが、最新技術を追求して思い付くアイデアから形にしていくのは結局「」だからです。

コロナが流行し、世の常識の大きな変化に適用できない大企業でも大変な局面になる時代という面を捉えて、情熱&技術を持った小さなスタートアップがうまく成長できるチャンスが存分にあるとも捉えました。

しかし、まずは自分自信が一人の人間として世の中に役に立つことは何か?を考えた際に、スタートアップという道で同じ志を持つメンバーと事業を通じて一緒に困難を乗り越えていく事に興奮しました。また、難しい状況の中でこそ、やり抜く楽しさ生きているなという実感を求め続けたいという思いで2つの会社を創設しました。

私自身、ベトナム戦争直後に生まれ、食べ物がなかった時代で成長したこともあり、ハングリー精神はどんな状態か、体に染み付いています。そのため、前進していくこと以外に未来がなく、チャレンジ・失敗・努力・学習の繰り返しが人間を強くするのだと自らの経験を通して実感しました。

そのため、

という思いを胸に、純粋な雇用を作る会社だけではなく世界でも通用するようなタレントを創出していきたいと考えています。

我々はテック集団であり、テクノロジーをベースに世の中の問題を解決していく事がミッションです。つまり、自社プロダクトもオフショア開発事業も、我々が持つ技術を駆使して何らかのサービス・プロダクトに携わります。
そういった意味では、自分たちでアイデアから考えたプロダクトを制作したという経験と、言われた通りの仕様を基に制作をする経験とでは、天と地の差だと思っています。
自分たちで実際にサービスを展開した経験のある開発者は、より良いサービス・プロダクトを目指すためには何が必要で、何に苦労するのか理解できるため、お客様のサービスに対しても、受け身にならずに自ら提案・改善できることが我々のチームの強みです。

0から1にする力を持っており、この強みを活かしてイケてるサービス・プロダクト開発と展開に強い組織を作っていく予定です。

SpremeTech CEO Binhと共に

Enlytでは私たちはイケてるサービスしか作らないと言うシンプルな表現でチームと共に時代の変化に適用しながらOTT動画配信システムTVplumのや採用プロセスのDX化ツールMiaHire、AI自動見積システムEstim等、世の中に新たな価値やサービスを自ら企画・開発・展開しています。少しでも日本のIT業界を少しでも元気できればと思っています。
特に日本発のOTT動画配信システムTVplumは、動画ビジネスの収益基盤に強いパートナーとしてテレビ会社や動画クリエイターに貢献していきます。

このスローガンに泥を塗らないよう、数年後には1つ以上のプロダクトを世間に浸透させ、上場できるほどの魅力的な収益基盤を作っていけるよう準備をしています。そして、日本マーケットは勿論のこと、世界でも通用するプロダクトとしてプライドをかけたいと思っています。

また、今後はアジア、特に東南アジアの経済市場規模が伸びていくのは間違いありません。特にベトナムはコロナ禍でもGDPがプラスになっている世界有数の国だと知られています。ベトナムはこの10年間成長し続けていて、今後10年も伸びていくと予想されます。ありがたいことに、我々EnlytとSupremeTechはそのベトナムと日本の架け橋として恵まれた環境にいることができています。

今後、ベトナムのマーケットも意識しながら素晴らしいチームを構築し、サービスを成長させていくことで、雇用を作る経済への貢献だけでなく、多くのステークホルダーに愛される企業を目指していきます。

facebook twitter