TOP

トップ

Service

事業紹介

動画配信パッケージ

LINEミニアプリ開発

Shopify開発

デザイン・開発まるっとパック

プロダクト/システム運用保守サービス

Lab型開発サービス

Works

実績

インタビュー

開発実績

Our Products

自社プロダクト

About

会社概要

Blog

ブログ

Recruit

採用情報

News

ニュース

FAQ

よくあるご質問

Contact

お問い合わせ

thumb image

LINEのセグメント配信とは?設定のやり方や事例を紹介!

みなさん、こんにちは。Enlytの久保です。

LINE公式アカウントの「セグメント配信」機能は、ユーザーの属性(例えば年齢、性別、居住地など)や行動(過去のメッセージ閲覧履歴など)に基づいて、メッセージの受信者を細分化し、より関連性の高いコンテンツを提供できる機能です。この機能を活用することで、企業は顧客一人ひとりに合わせたメッセージを送ることが可能になり、よりパーソナライズされたコミュニケーションを実現できます。

今回の記事を読めばこれがわかる!

・LINE公式アカウントのセグメント配信とは何か
・セグメント配信の設定方法
・セグメント配信の活用事例

LINEのセグメント配信(絞り込み配信)とは

セグメント配信とは、アカウントのフォロワーを特定の属性や興味関心に基づいて細分化したグループに分け、それぞれのグループに対して最適化されたメッセージを送信することができる仕組みです。この目的は 、「正しいメッセージを正しいユーザーに届ける」ことにあり、一斉配信とは異なり、個々のユーザーのニーズや関心に合わせたコミュニケーションを実現します。

※補足:LINE公式アカウント上ではセグメント配信を「絞り込み配信」と称されています。

セグメント配信は、
・ユーザーの属性情報(年齢、性別、居住地など)
・ユーザーの行動履歴(過去のメッセージの開封率、アクションの有無など)
のようなデータを基にユーザーグループを形成します。

活用例:20代女性に向けたファッション関連の新商品情報、30代男性に向けたスポーツイベントの案内、あるいは特定地域に住むユーザーに地域限定のキャンペーン情報を送る

ユーザーデータを効率的に活用し、個々のユーザーに合わせたマーケティングコミュニケーションを可能にすることで、事業者はユーザーの満足度を高めるとともに、自社のサービスや商品の魅力をより効果的に伝えることができるようになります。

セグメント配信のメリット

セグメント配信を使用することで得られる主なメリットを詳しく説明します。

エンゲージメントの向上

セグメント配信により、ユーザーの興味や過去の行動に基づくメッセージを送信することができます。これにより、メッセージに対するユーザーの関心が高まり、開封率やクリック率などのエンゲージメント指標が向上します。ユーザーが関心を持つ内容を受け取ると、ブランドへの信頼感が高まり、より積極的にブランドとの関わりを持つようになります。

コンバージョン率の増加

ターゲットとするセグメントに合わせて特別なオファーや割引を提示することで、購入やアカウント登録などへの誘導が効果的に行えます。セグメント配信により、正確にターゲットを絞ったプロモーションが可能となり、コンバージョン率の向上が期待できます。

顧客満足度の向上

ユーザー一人ひとりのニーズに合わせたコンテンツや情報を提供することで、ユーザーは自分のことを理解してくれるブランドとして認識し、満足度が向上します。顧客満足度の向上は、長期的な顧客ロイヤルティやブランドへの好意に繋がり、結果としてリピート購入や口コミによる新規顧客獲得につながります。

▶︎LINEをCRM(顧客管理)として活用するメリットとおすすめツールを紹介

費用対効果の改善

LINE公式アカウントでは、一定量を超えたメッセージ配信には課金が発生します。不必要に広範囲にわたって一斉配信を行うと、多くのユーザーにとって関連性のない情報が送られることになり、これはコストの無駄遣いにつながります。

セグメント配信は一斉配信に比べ、投資対効果(ROI)を高める傾向にあります。ターゲットが明確であるため、広告費用やマーケティングの労力を最適な方向に集中させることができ、全体的なマーケティングの効率を向上させます。

ブロックの回避

LINE上でのコミュニケーションは個人的なものであるため、不適切なタイミングや関連性のない内容のメッセージは、受け取る側にとって迷惑となることがあります。ユーザーがメッセージを迷惑に感じた場合、ブロックされるリスクが高まります。一度ブロックされると、そのユーザーに再度アプローチすることは非常に困難になります。セグメント配信を活用し、ユーザーの興味やニーズに合ったコンテンツを提供することで、このようなブロックのリスクを軽減することができます。

LINEのセグメント配信(絞り込み配信)機能

「属性」で絞り込む

属性に基づく絞り込みでは、ユーザーの性別、年齢、居住地域などの基本的な属性情報を使用してターゲットオーディエンスを定義します。例えば、20代女性のみに最新のファッションアイテムに関するメッセージを送りたい場合、属性情報を利用してこの特定のグループを簡単に選択することができます。

「オーディエンス」で絞り込む

オーディエンスに基づく絞り込みは、より高度なターゲティングが可能です。以下は、オーディエンスを絞り込むための具体的な種類です。

ユーザーIDのアップロード: 特定のユーザーIDリストをアップロードし、それらのユーザーに直接メッセージを送信します。この方法は、既に特定の基準で選定されたユーザー群に対して効果的です。

メッセージクリック: 過去の配信でメッセージに含まれているリンクをクリックしたユーザーをターゲットにすることができます。

– メッセージ:インプレッション: 過去のメッセージ配信を開封したユーザーをターゲットにすることができます。

リッチメニュークリック: リッチメニューの特定の項目をクリックしたユーザーに基づいて絞り込みを行います。

–  リッチメニューインプレッション: リッチメニューを表示したユーザーに基づいて絞り込みを行います。

チャットタグ: ユーザーとのやりとりに基づいて付けられたタグ情報を使用して、類似の関心事やニーズを持つユーザーを対象にメッセージを送信します。

友だち追加経路: ユーザーがどの経路でLINE公式アカウントと友だちになったか(QRコード、検索、外部リンクなど)に基づいて絞り込みます。これにより、特定のキャンペーンやイベントに関心を示したユーザーを再度ターゲットにできます。

ウェブトラフィック: LINE公式アカウントの外部ウェブサイトへの訪問者をターゲットにします。この方法では、ウェブサイトを訪れたがアクションを起こさなかったユーザーにリターゲティングすることが可能です。

これらの絞り込み方法を組み合わせることで、LINE公式アカウントの運用者はより精密なターゲティングを実現し、ユーザー一人ひとりに合わせたメッセージを効率的に配信することができます。セグメント配信機能を最大限に活用することで、ユーザーエンゲージメントの向上やコンバージョン率の増加を目指しましょう。

参考:LINE公式マニュアル オーディエンスの設定

LINEのセグメント配信の設定のやり方

セグメント配信を成功させるためには、正確な設定と魅力的なメッセージ作成が重要です。以下のステップを参考にして、効果的なセグメント配信キャンペーンを実施しましょう。

ステップ 1: ターゲットセグメントの特定

①目標の明確化: キャンペーンの目的を明確に定義します(例:新製品のプロモーション、特定イベントへの参加促進など)。

②ユーザーデータの分析: 既存のユーザーデータを分析して、ターゲットに適したセグメントを特定します。年齢、性別、地域、過去の購買行動や興味関心など、具体的な条件を設定します。

ステップ 2: セグメントごとのメッセージの計画

①パーソナライゼーション: 各セグメントの特性やニーズに基づいて、パーソナライズされたメッセージ内容を計画します。

②コンテンツの選定: ターゲットセグメントが関心を持ちそうな画像、テキスト、キャンペーンの詳細を選定します。

ステップ 3: セグメント配信の設定

①LINE公式アカウントマネージャーへのアクセス: LINE公式アカウントの管理画面からセグメント配信機能にアクセスします。

②セグメント条件の設定: ステップ1で定義した条件に基づいて、セグメントを作成します。

③ メッセージ内容の入力: ステップ2で計画したメッセージ内容を入力し、配信をスケジュールします。

LINEのセグメント配信についてよくある質問(FAQ)

セグメント配信は、その効果的な活用方法や運用に関して多くの疑問が寄せられます。ここでは、セグメント配信に関するよくある質問とその回答をもとに、使用時の注意点や最適な利用方法についてアドバイスします。

Q1: セグメント配信の主な目的は何ですか?

セグメント配信の主な目的は、ユーザーの属性や行動に基づいてユーザーをグループ化し、各グループに最適化されたメッセージを送信することにより、エンゲージメントの向上、コンバージョン率の増加、顧客満足度の向上を実現することです。

Q2: どのような基準でセグメントを分けるべきですか?

セグメントは、年齢、性別、地理的位置、興味関心、購入履歴、ウェブサイト上の行動など、さまざまな基準で分けることができます。重要なのは、あなたのビジネス目標とユーザーベースに最も関連性の高い基準を選択することです。

Q3: セグメント配信はプライバシーに違反しないのですか?

セグメント配信自体は、ユーザーのプライバシーを尊重する範囲内で行います。そのため個々のユーザーの同意を得て、透明性のある方法でデータを収集・使用し、データ保護法規に従う必要があります。

Q4: どれくらい細かくセグメントを分けるべきですか?

セグメントは、効果的かつ管理しやすい程度に設定することが重要です。あまりにも細かすぎるセグメント分けは、管理が困難になる可能性があります。目標を達成するために必要な粒度でセグメントを設定しましょう。

Q5: セグメント配信の効果をどのように測定すればいいですか?

セグメント配信の効果は、開封率、クリック率、コンバージョン率などのKPIを通じて測定できます。これらの指標を定期的に分析し、セグメントやメッセージ戦略の最適化に役立てましょう。

Q6: セグメント配信を成功させるコツはありますか?

セグメント配信を成功させるには、ユーザーデータの正確な分析、セグメントごとの関連性の高いコンテンツの作成、そして継続的なテストと最適化が鍵となります。また、ユーザーのプライバシーを尊重し、信頼を損なわないようにすることも非常に重要です。

セグメント配信は、戦略的に使用することで、マーケティングの効果を大きく高めることができます。上記のFAQを参考にしながら、あなたのビジネスにおいてセグメント配信を最大限に活用してください。

LINEのセグメント配信でEnlytがお手伝いできること

ここで、Enlytがお手伝いできるポイントを紹介します。

~専門知識~

当社はLINEのAPIを活用した開発において幅広い経験と専門知識を持っています。LINEログインからのユーザーID連携、スタムLINEアンケート開発、Messaging APIを活用したパーソナライズメッセージなど、さまざまなプロジェクトで成功を収めてきました。それだけでなく、顧客基盤システムとのユーザーID連携の開発などLINEの枠から少し離れたシステム開発の領域も得意としております。その理由としては、受託開発事業で様々な業種のWebシステム、モバイルアプリを50プロジェクト以上対応してきた僕たちだからできることだと思います。

~サポートとコンサルティング~

僕たちのサービスは単なる開発だけでなく、LINE運用の設計やデザインも含みます。最適なアプローチや戦略を共に検討し、ビジネス目標を達成するためのパートナーとしてお手伝いします。

~カスタムソリューションの提供~

僕たちは、クライアントのニーズに合わせたカスタムソリューションを提供します。特定の課題に対処するために、LINE APIを活用したアプリケーションやボットの開発、データ統合、ビジネスプロセスの効率化をサポートします。

~お問い合わせと協力の機会~

LINEの活用に関する質問やプロジェクトの相談について、いつでもお気軽にお問い合わせください。

では、実際にLINEを活用した開発の事例を紹介します。

▼LINEに関する開発実績をご覧いただけます▼

順風路株式会社|乗車予約LIFFアプリ

大手飲料メーカーのLINEミニアプリ

大手小売スーパーのLINEアプリ

まとめ

LINE公式アカウントのセグメント配信機能に焦点を当て、その定義、メリット、実践ガイド、よくある質問を詳しく解説しました。セグメント配信は、ターゲットオーディエンスに合わせたメッセージングを可能にし、エンゲージメントの向上、コンバージョン率の増加、顧客満足度の向上といった数多くの利点をビジネスにもたらします。

この機能を活用することで、あなたのLINE公式アカウントは単なる情報発信ツールではなく、ユーザーとの強固な関係を築くためのパワフルなプラットフォームに変わります。セグメント配信を通じて、ユーザー一人ひとりに合わせた価値あるメッセージを届けることで、ブランドロイヤルティの向上や口コミによる新規顧客の獲得が期待できます。

バナー画像 バナー画像

他の記事

View More

arrow-forward

マネジメント

アジャイル開発におけるストーリーポイントとは?見積もりの方法やポイントを解説

#アジャイル開発 #チーム

テクノロジー

【簡単】LINEでの一斉送信のやり方と効率的な活用法

#LINE #サービス

テクノロジー

LINEをCRM(顧客管理)として活用するメリットとおすすめツールを紹介

#LINE #サービス