TOP

トップ

Service

事業紹介

動画配信パッケージ

LINEミニアプリ開発

Shopify開発

デザイン・開発まるっとパック

プロダクト/システム運用保守サービス

Lab型開発サービス

Works

実績

インタビュー

開発実績

Our Products

自社プロダクト

About

会社概要

Blog

ブログ

Recruit

採用情報

News

ニュース

FAQ

よくあるご質問

Contact

お問い合わせ

thumb image

LINEと「カートシステム連携」を徹底解説|Shopifyとの連携についても!

皆さん、こんにちは。Enlyt CEOの久保です。

現代の小売業界は、急速なテクノロジーの進化によって大きく変革されています。特に、顧客との関係構築と効率的な業務運営は、成功する小売業の重要な要素となっています。そんな中で、LINEとカートシステムの連携は、新たな可能性を切り拓く強力なツールとして注目を集めています。

LINEは、現代のコミュニケーション手段の中で特に重要な位置を占めています。多くの人々が日常的なコミュニケーションにLINEを使用しており、これは小売業にとっても大きなチャンスです。一方で、オンラインカートシステムは、顧客が商品を選びカートに追加し、購買を完了するための欠かせないツールです。本ブログでは、この二つの要素を組み合わせることで生まれる、小売業の成長と効率化の可能性に焦点を当てています。

小売業界においてLINEとカートシステムを連携させることで、顧客との関係性を深め、シームレスなショッピングエクスペリエンスを提供できるようになります。さらに、リアルタイムな情報共有やパーソナライズされたプロモーションの実施など、ビジネスプロセスの効率向上も期待できます。

小売業界が急速に変わる今、我々は新たなツールと戦略を適切に取り入れることで、より魅力的なショッピング体験を提供し、企業の成長を後押しすることができると思っていますので、このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

それでは、小売業におけるLINEとカートシステムの連携の魅力に迫っていきましょう。

小売業におけるLINEの役割 

近年、小売業界において顧客とのコミュニケーション手段としてLINEがますます重要な役割を果たしています。LINEは、日本国内はもちろん、世界中で幅広い年齢層に利用され、その影響力は飛躍的に広がっています。小売業の視点から見たとき、LINEは以下のような役割を果たしています。

  •  ダイレクトな顧客接触の機会 

顧客は日々LINEを通じて友人や家族とコミュニケーションを取っています。小売業がLINEを活用することで、顧客とダイレクトにコミュニケーションを取る機会を提供できます。特に、セールや新商品の情報提供、特別なオファーやプロモーションの通知などがその例です。これにより、顧客は企業の情報を手軽に受け取り、購買意欲を高めることができます。

  •  パーソナライズされたサービス 

LINEを利用することで、顧客のプロフィールや購買履歴を元にしたパーソナライズされたサービスを提供することが可能です。これにより、顧客は自分のニーズに合った商品やオファーを受けることができ、より満足度の高いショッピング体験を受けることができます。 

  • 顧客フィードバックと改善 

LINEを通じて顧客からのフィードバックやクレームを受けることができます。これにより、商品やサービスの改善点を把握し、顧客の声を取り入れた改善策を実施することができます。顧客との対話を通じて、信頼関係を築きながら業務の向上を図ることが可能になります。 

このように、小売業がLINEを適切に活用することで、顧客との関係を強化し、顧客満足度を向上させることができます。これにより、顧客の忠誠心の向上や口コミによる広がりなど、ビジネスにポジティブな影響を与えることが期待できるのです。

カートシステムとは ?LINEとの連携メリット 

カートシステムの役割

カートシステムは、オンラインショッピングにおいて重要な役割を果たすツールです。顧客が商品を選んでカートに入れ、最終的に購入手続きを完了するための仕組みを提供します。小売業界においては、カートシステムは顧客がシームレスかつ便利に商品を購入できるようにするために不可欠な要素です。以下、カートシステムの各役割をご紹介します。 

  • 商品の選択と追加 

カートシステムは、顧客がオンラインストア内で商品を選択し、それをカートに追加する際に使用されます。この段階では、顧客は購入を検討中の商品をカートに入れて、最終的な購入判断を行います。 

  • 購入手続きの管理 

顧客がカートに入れた商品を購入する際の手続きを管理します。商品の数量の調整や削除、送料の計算、支払い方法の選択などが行われます。 

  • 注文情報の確認と確定 

顧客がカート内の商品と購入情報を確認し、最終的に注文を確定する際にもカートシステムが活用されます。顧客の入力情報を受け取り、注文を確定させるプロセスをスムーズに行う役割を果たします。 

  • 購買履歴と情報の保存 

カートシステムは、顧客の購買履歴や個人情報を保存し、将来の利便性を高める役割も担っています。顧客が再び同じオンラインストアで買い物をする際に、過去の情報を利用してスムーズな購買体験を提供します。 

カートシステムの適切な設計と機能は、顧客がショッピングを楽しむために欠かせない要素です。小売業におけるオンライン販売の一環として、効率的かつ快適なショッピングエクスペリエンスを提供するために、カートシステムの導入と最適化が欠かせません。

LINEとカートシステムの連携メリット 

小売業におけるLINEとカートシステムの連携は、顧客体験の向上や効果的なマーケティング展開など、多くのメリットをもたらします。ここではその主なポイントをご紹介します。 

  • パーソナライズされたショッピング体験の提供 

LINEとカートシステムを連携させることで、顧客のプロフィールや過去の購買履歴を元に、パーソナライズされたショッピング体験を提供できます。顧客が興味を持ちそうな商品のお知らせや特別な割引クーポンなどを送ることで、顧客の興味を引き購買へと導くことができます。 

  • リアルタイムな注文状況の通知による顧客満足度向上 

LINEを活用して顧客に注文受付の通知や配送状況のアップデートをリアルタイムで送ることで、顧客は注文の進捗状況を容易に確認できます。これにより、不安要素が減少し、顧客満足度を向上させることができます。

  •  マーケティングキャンペーンの効果的な展開 

連携を活用して、新商品の発売やセールの案内などのマーケティングキャンペーンを効果的に展開できます。LINEを通じてターゲット顧客に情報を届け、直接的なコール・トゥ・アクションを促すことが可能です。

  •  顧客の関与度の向上 

LINEを介して顧客とのコミュニケーションが活発化することで、顧客の関与度が向上します。質問やフィードバックに迅速に対応することで、顧客はより関心を持ち、長期的な関係性を築くことができます。

  •  データ駆動の改善と戦略の最適化 

連携によって得られるデータを分析し、顧客の行動パターンや傾向を把握することで、戦略の最適化が可能です。売上向上や顧客満足度の向上に向けて、事実に基づいた戦略を展開することができます。 

小売業におけるLINEとカートシステムの連携は、顧客との関係強化やビジネスプロセスの効率化に向けて、大きな利点をもたらします。これらのメリットを最大限に引き出すために、連携戦略の構築と最適な実施が求められます。

LINEとカートシステムの連携戦略と活用例 

小売業におけるLINEとカートシステムの連携は、顧客との関係を深め、購買体験を向上させるための戦略的な手段として活用できます。以下に、具体的な連携戦略とその活用例をいくつかご紹介します。 

  • 商品情報と在庫状況の連携 

顧客がLINEで商品を検討している際に、その商品の在庫状況をリアルタイムで通知することができます。例えば、顧客が気になる商品をLINEでシェアした際に、その商品の在庫が限られている場合、自動的に在庫が減少した旨の通知を送ることで、急いで購入するきっかけを提供できます。 

  • カート内容のLINE通知とアプローチ 

顧客がカートに商品を追加して放置する場合、LINEを通じて「カートの中の商品がまだ購入されていません。疑問点や質問があればどうぞお気軽にお知らせください」というようなメッセージを送ることができます。これにより、顧客が購買に踏み切るハードルを下げ、購買率を向上させることができます。 

  • セールや新商品のプロモーションの実施 

LINEを通じて、特別なセールや新商品のプロモーション情報を顧客に直接送ることで、顧客の興味を引き、購買意欲を高めることができます。さらに、限定的なキャンペーンを実施する際に、LINEでの先行案内や特別なクーポンを提供することで、顧客のエンゲージメントを高めることが可能です。 

  • フィードバックの収集と顧客参加の促進 

新商品のアイデアやサービスの改善点などのフィードバックを顧客から収集するためのアンケートや投票をLINEを通じて実施することができます。顧客に参加感を持たせ、企業の意思決定に積極的に参加してもらう機会を提供します。 

  • リピート購入の促進と顧客ロイヤルティの構築 

顧客が購買した商品のリピート購入を促進するため、一定期間後に「前回購入した商品が再入荷しました」といった情報をLINEで送ることができます。これにより、顧客のロイヤルティを高め、リピート購入を促進する効果が期待できます。 

これらの連携戦略と活用例は、小売業の企業がLINEとカートシステムの連携を通じて、顧客との関係を深め、購買体験を最適化するための一部です。企業ごとの独自のニーズや戦略に合わせて、最適な連携戦略を検討し、顧客との結びつきを強化していくことが重要です。

LINEとカートシステム連携の手順

小売業の企業がLINEとカートシステムを効果的に連携させるためには、いくつかの手順を踏む必要があります。以下にその一般的なプロセスを説明します。

1.LINE Business Connectの登録と設定 

まず最初に、LINE Business Connectに登録する必要があります。LINE Business Connectは、ビジネス向けのLINEアカウントを作成し、顧客とのコミュニケーションを管理するためのプラットフォームです。アカウントの作成後、プロフィール情報やアカウント設定を適切に行います。

2.カートシステムとのAPI連携設定 

カートシステムとLINEを連携させるためには、API(アプリケーションプログラミングインターフェース)を使用してデータの送受信を行う必要があります。カートシステムのプロバイダーや開発者と協力し、必要なAPIの設定や認証情報の取得を行います。これにより、カート内の情報や注文状況をLINEと連携させることが可能となります。

▼APIについて詳しく知りたい方はこちら▼

3.カート内通知の設定 

顧客がカートに商品を追加した際や注文が確定した際に、LINEを通じて通知を送る仕組みを設定します。カートシステムからの情報をもとに、顧客に適切なタイミングで通知が送られるようにプログラムされます。通知内容やタイミングは、顧客の興味を引き、購買に結びつけるために慎重に検討する必要があります。

4.パーソナライズされたメッセージの作成

連携の成功には、顧客にとって魅力的なメッセージの作成が欠かせません。カート内の商品情報や購買履歴を基に、顧客に合ったパーソナライズされたメッセージを準備します。これにより、顧客の興味を引きつけ、購買に導く効果が期待できます。

5.テストと最適化 

連携が設定されたら、システムのテストを実施して動作を確認します。テスト段階で問題が発見された場合は、修正を行い再度テストを行うことが重要です。連携の効果を最大限に引き出すために、定期的なモニタリングと最適化を行うことも大切です。

6.顧客への周知と活用の促進 

連携が成功したら、顧客にその存在を周知し、活用を促すことが必要です。ウェブサイトや店舗内での告知、メールニュースレターやソーシャルメディアを活用して、顧客に連携のメリットを伝えることが重要です。

連携のステップと手順は、特定のカートシステムや企業の要件によって異なる場合もあります。適切なプロバイダーや開発者と連携し、スムーズなプロセスを確立することで、顧客との連携を効果的に活用できるでしょう。

LINEとShopifyとの連携について 

小売業におけるオンライン販売プラットフォームとして、Shopifyは幅広い企業に利用されています。その中で、LINEとShopifyを連携させることは、顧客との関係を強化し、効果的な販売戦略の展開を行う上で非常に有益です。

 LINEとShopifyの連携メリット 

LINEとShopifyを連携させることで、以下のメリットが得られます。 

  • シームレスな購買体験

顧客はLINE内で商品を検索し、Shopifyのウェブストアに移動せずに購入を完了できます。これにより、ショッピング体験がよりスムーズになり、購買率が向上します。 

  • 顧客情報の統合

連携により、顧客がLINEで使用している情報やShopifyの購買履歴などを統合し、より詳細な顧客プロファイルを構築できます。これにより、パーソナライズされたサービスが提供できます。 

  • リアルタイムな情報共有

新商品の入荷情報やセール情報などをLINEでリアルタイムに顧客に通知することができます。顧客はすぐに情報を受け取り、購買意欲が高まります。 

▼Shopifyについて詳しく知りたい方はこちら▼

連携の手順 

LINEとShopifyの連携を実現するための基本的な手順は以下の通りです。 

1.Shopifyストアの設定

Shopify内でLINEと連携するための設定を行います。これにはAPIの設定やプラグインの導入が含まれます。 

2.LINE Business Connectの設定 

LINE Business Connectを利用して、Shopifyとの連携を設定します。LINE公式アカウントの作成やプロフィール情報の設定が含まれます。 

3.商品情報の同期

商品情報や在庫状況などをShopifyとLINEの間で同期させます。これにより、顧客に正確な情報を提供することができます。 

4.カートと注文の管理 

顧客がLINE上でカートに商品を追加し、注文を行った際に、その情報がShopifyに正しく反映されるように管理します。 

5.マーケティング戦略の展開

連携を活用して、パーソナライズされたマーケティング戦略を展開します。特定の顧客セグメントに対して特別なプロモーションや情報を提供し、購買を促進します。 

今後の展望とまとめ

LINEとカートシステムの連携は、小売業におけるデジタルトランスフォーメーションの一環として、ますます重要性を増しています。このブログでは、その重要性や具体的な連携戦略、活用例について詳しくご説明しました。最後に、今後の展望とまとめを述べていきます。

  • 顧客中心の体験の向上

小売業界は、顧客中心のアプローチがますます重要となっています。今後は、LINEとカートシステムとの連携を通じて、顧客のニーズに合わせたパーソナライズされた体験を提供することが求められます。新たなテクノロジーやデータ分析の活用により、顧客が求める価値を最大限に引き出すことができるでしょう。

  • マルチチャネル戦略の強化

LINEとカートシステムの連携は、マルチチャネル戦略の強化を支援します。顧客は様々なデバイスやプラットフォームを通じて情報を収集し、購買を行っています。今後は、これらのチャネルをシームレスにつなぎ、顧客がどのような方法でアプローチしても一貫性のある体験を提供することが重要です。

  • データ駆動の最適化と改善

連携によって得られるデータを活用し、戦略の最適化と改善を行うことが今後の課題です。顧客の行動分析や傾向の把握を通じて、より効果的なマーケティング戦略や商品戦略を展開できるよう努力していくことが大切です。

最後に

お手伝いが必要な際に

このブログを通じて、LINEとカートシステムの連携の重要性や戦略についてご理解いただけたかと思います。しかし、実際に連携を実現するには、専門的な知識と経験が求められます。その際、Enlytがお手伝いできるかもしれません。

私たちのチームは、LINEミニアプリの開発、LINEのMessaging APIを利用した開発、EC、特にShopifyの構築、カスタマイズアプリの開発において幅広い経験を持っております。

▼以下、実績をご覧いただけます▼

私たちは単なる技術の提供者に留まることなく、お客様のビジネス目標を理解し、最適なソリューションを提供することに情熱を注いでいます。

もし、LINEとカートシステムの連携はもちろん、EC構築、LINE運用、LINEミニアプリの開発等で実現したいことがあるようでしたら、私たちのチームがお手伝いすることができるかもしれません。お気軽にお問い合わせフォームからご連絡いただければ、ソリューションのご提案から実現するための概算お見積りをさせていただきます。

Enlytについて

株式会社Enlytはベトナムに開発拠点SupremeTechを持ち、これまで50以上の開発プロジェクトを行ってきました。ベトナムと日本のグローバルなチームで、数多くのプロジェクトを成功に導いてきました。

Enlytのオフショア開発は、アジャイル・スクラム開発を採用しています。コミュニケーションの透明化を意識してそれぞれの役割で責任の範囲を明確化しています。クライアントも含めたワンチームとして、フラットな関係で開発を進めることができます。

お客様の納得のいくまで、共に開発させていただき、アイデアを最高のかたちにサービス化いたします。

システム開発についてのお悩みやご相談がございましたら、下記ボタンより気軽にお問合せください!

バナー画像 バナー画像

他の記事

View More

arrow-forward

システム開発

仕様書とは?書き方や注意したい落とし穴を成功事例と合わせて解説

#コミュニケーション #サービス

テクノロジー

CDP(Customer Data Platform)とは?意味とEコマースでの活用方法

#ECサイト #サービス

テクノロジー

LINE APIで実現できることとは?使い方や活用事例を解説

#LINE #サービス